« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月29日 (月)

今やってます。

こんにちは。葛西流通センターに勤務している西垣です。

 

現在は新入社員研修の一環で課題図書2冊目の読書感想文を書いています。

正直、本を読むことはあまり好きではないです。でも会社からの課題なので、しかも社長に添削してもらえるということで自分を高められる良い機会だと思い本気で取り組んでいます。

 

 

今読んでいる本は物語形式のビジネス書です。大半の人は物語形式は読みやすいと感じると思います。しかし実は私は物語が苦手です。登場人物は覚えられないし、頭の中で映像にできません。

そんな私ですが、大事だと思う要所はメモしながら毎日少しずつ読み、なんとか読み終えました。

 

 

問題なのは、感想文を書く作業です。読書感想文は小学生以来書いたことありませんでしたので、学生時代からしっかりやっとけばと後悔しています。

わかりやすい文構成とは何か?を考えながら書きました。例えば結論を先に書いたほうが理解しやすいのか。句読点はどこにつけるかなど。何度も書き直し、何度も見直して自分ができることをやっています。

 

ちなみに一冊目の感想文の添削は、予想通り赤文字が多かったです。

課題図書は例年8冊程度あるので徐々に赤文字を減らせればと思います。そして長年のブランクを取り戻さなければいけません。

 

当たり前ですが仕事時間外でやらなければいけない為大変です。

しかし社長に読書感想文を添削してもらえる川崎陸送は自分を成長できる場かもしれません!?

新卒採用ページはこちら

2013年7月24日 (水)

現場でしか分からない事

関東営業所のTです
昨日今日と現場で研修をしています。
関東営業所は某大手菓子メーカーの物流センターです
先ず現場で実際に物を手に取って分かったのは、
色色な荷姿(にすがた=段ボールの寸法)のものがあるということです。
荷姿によってパレット(荷物を載せてフォークリフトで運ぶ為の板)上にどう配置するかもかわってきます。
抱えて持つとそれぞれ特有の感触があります

段ボールを手に取ったときのずっしりとした質量感の微妙な違い、

ほのかなガムベースやお菓子の生地、チョコレートの香りなども
現場でしか体感できない事だと思います。
現場の人たちはこういう事は体感としてだいたい知っているようです。
それとは別に、私はお菓子が好きなので抱えて
持ったときに中にお菓子がぎっしり
詰まっている事を想像してしまい、
帰りがけについお菓子を買いたくなってしまいます。

2013年7月22日 (月)

たまにはのんびり

こんばんは、武蔵村山の杉浦です!
7月も半ばを過ぎ夏本番の暑さが訪れるかと思いきや、意外にもそれほど暑くない日々が続いていますね。

昨日もほど良い天候だったので、所用で新宿に出かけた折に駅の周辺を散策してみました。
もともと散歩やサイクリングで気分転換をするのが好きなのですが、普段と違うルートを通ってみると色んな発見があって面白いものです

今回もぶらぶらのんびり歩いていると、「思わず少し離れたところから確認したくなる看板」を見つけました!(もしかしたらそう思うのは私だけかも知れませんが…)


それがこちらの看板です。

Kimg91632


どうですか?視力はいくつくらいでしたか?
私は最近視力が低下しているようで・・・・ぼやけて見えました(笑)

ちなみに中を覗いてみたのですが、意外にも眼鏡やコンタクトレンズ関連の製品を販売しているお店ではなく、おしゃれな小物雑貨を扱うお店でした。
看板一つにもこだわるお店って素敵ですよね。

こんな感じで、意外と身近に楽しい発見があるんだなと感じた一日でした。
皆さんも時には肩の力を抜いて自分なりの気分転換をしてください(^-^)


 新卒採用のページはこちら>>>

2013年7月18日 (木)

夏バテにはご用心!

 今日は木曜日、担当は本社配車センター成塚です。

 暑い日が続いている中で夏バテだけには気をつけているヒロシです。

 夏の季節で一番の楽しみである、全国高校野球大会予選が始まりました。残念ながら我が母校である高校は3回戦敗退で終わってしまいましたが、今年こそは埼玉県に夏の優勝旗をということで、春夏連覇の期待を乗せて浦和学院を応援しています。

 この季節には数年前から各家庭の風物詩となっている光景があります。それは、緑のカーテン!当然我が家も緑の悪魔(ゴーヤ)を栽培しています。6月に植えられた奴はすくすくと成長して立派になってしまいました。                        108

Dsc_0008_2



 嫌いではないのですが、毎日はきついです。ですが夏バテにならないように食べて、暑い夏を乗り切りましょう!

新卒採用のページはこちら>>> 

 

 

2013年7月15日 (月)

社会人になって初めての旅行

こんにちは。業務部の王です。
私の趣味は旅行なので、学生時代は時間があれば、友人と一緒に旅行に行っていました。
今回の三連休を利用して、社会人になって初めての旅行に行きました。
目的地は三重県の伊勢市です。伊勢海老、あわび、が有名らしいので、ぜひ食べてみたいと思っていました。
そして、それを満喫してきました。
とても、美味しかったです。
伊勢神宮の写真を撮りました。
Img_0759_2
みなさんも時間のあるときに、ぜひ旅行に行ってみてください。仕事以外の景色も楽しんでください。
真夏の毎日、みなさん身体に気を付けてくださいね!
ここで前回に続きまして、みなさんに中国語のワンポイントレッスン。簡単な中国語を教えたいと思います。
日本の学校、仕事場、アルバイト先など多くの場所で使われている「申し訳ない」や「すみません」や「ごめんなさい」等のお詫びの言葉は、中国語では「 対不起(ドゥイブゥチィ)です。
  お笑いコンビの「ひびき」のように「どうも  ドゥイブゥチィ  でした」と、真似して使ってみると面白いかもしれませんね(笑)。

2013年7月10日 (水)

眞夏がキタ―!!

 皆さん、こんにちは、川崎陸送(株)人事総務部の陳です。

 今週から猛暑が続くようになり、いよいよ夏本番ですね。皆さんお元気ですか?

 この間、会社説明会の開催で東京都市大学様、大東文化大学様、アジア大学様、高崎商科大学様に行って参りました。去年この頃、まだ会社説明会で採用担当者に質問する私は、今年いきなり、学生の方々に新入社員研修についての質問を答える立場になって、話を忘れるほど緊張してましたので、ここで少し補足したいと思います。

426511506995_2

 川崎陸送では新入社員研修が終わっても、皆さんのスキルアップの為に、本を読んで貰うことにしています。そして、本を読んだ感想を書き、社長からのコメントが頂けます。かなり勉強になるので、皆さんにも是非本を読む事をお勧めしたいと思います。本のタイトルは皆さんが入社してからのお楽しみという事で~~(笑)。

 これからは夏採用ですね、この時期になると、周囲と比較して就職活動に不安や、焦りを感じ始める人もいるのではないでしょうか?内定者も決まり始め、募集枠も少しずつ少なくなってきました。

 ですが、皆さん、、まだ諦めてはいけません(^O^)

 まだまだここからが頑張るときですから!私も自分をどんどん鍛えながら、皆さんを応援していきます。

新卒採用のページはこちら>>> 

2013年7月 8日 (月)

一人暮らし

江川営業所に配属されました、淀澤 浩介です。

私は関西から出てきて、初めての一人暮らしなので、休みの日もいろいろと忙しい毎日です。

配属が決まり、少しの間は自炊もし、とても簡単なもやしいためや白菜をゆでたりとすぐできるものばかり食べていました。昼もお弁当を作り、持参していましたが、最近は晩御飯位で、朝昼はパンや弁当になっています。

業務では、まず関東の地理がわからなくて、苦労しています。少しずつ覚えてきてはいますが、読み方を間違えてしまうことも多いです。早く覚えていきたいと考えています。

このようなことに慣れていなく、まとまっていないかと思いますが、これからその点も頑張っていきます。

新入社員のブログが私で一周したので、次回は陳さんです。

2013年7月 5日 (金)

毎日楽しい!

 

はじめまして。葛西流通センターに勤務している西垣です。

 

 

いきなりですが、私が就活で様々な説明会に行った際に先輩社員の話で「毎日5時起き」、「6時起き」とかを聞きました。私は「そんな朝早く起きれるのか?」といろいろ不安を感じたことを覚えています。

 

 

何でかと言うと昨年までの学生時代は、朝と夜、曜日なんか関係なく好き勝手に毎日過ごしたからなんです・・・

 

しかし、今は規則正しい生活ができています。学生時代が嘘のようです。

 

 

今の私の生活は朝530分に起床し、650分の電車に乗っています。そして葛西流通センターに着くのが8時頃です。

夜はだいたい8時前に帰ってきて、寝るのは11時ぐらいです。

こんな生活を日々繰り返しています。

 

 

学生さんから見ると、毎日同じ生活を繰り返しているだけで、「何が楽しいの?」と思うかもしれません。(私も思っていました)

しかし、仕事では毎日学ぶことが多いため、私が学生時代に想像していたより充実していて楽しいです。(もちろん大変なこともありますよ)

 

 

回りくどく書きましたが、川崎陸送では学生時代とは違った充実感が味わえると理解してもらえばと思います。

 

 

ブログは陳成塚杉浦武山西垣淀澤のリレー形式で、月曜日と木曜日に書いています。

 

卒採用のページはこちら>>>

 

 

 

2013年7月 1日 (月)

こんにちは、この6月から関東営業所に配属されました武山と申します。

家族や友人に、物流業界に就職したんだよ、と言った所で、

よく、頭上に疑問符が3つほど浮かんだような顔をされてしまいます。

そこで私からは、さ迷える就活生の皆様の為に、3分間の

物流業界入門基礎コースを開催したいと思います。

テーマは、「物流業者とは何か」です。

もうそんな事はとっくに知っている、と言う方は目を閉じて

3分間お待ちください。

物流業とは、お客様(荷主)の業務に伴って生じる

「物の動き」を丸ごと請け負う業種です。

これは辞書やWikipediaに載っていた知識ではなく、

私が2ヶ月間研修を受けた中で適当にまとめた物です。

もし間違っていたらご指摘ください。

お客様の業務と言っても多岐にわたりますが、当然その中には、

卸や小売店への販売といった製品の所有権の移動(商流)も含まれますし、

原料を調達しての工場への移動も含まれます。

物の動きと言っても、大きくわけて、

場所の動き

時間の動き

があります。例えば、同じ物でも、1日後に東京から札幌に届けるのと、

3ヶ月後に東京から札幌に届けるのでは意味が天と地ほども違う訳です。

ならばそれをどう実現するのか、という疑問が生じます。その為に、

運送

保管

業務を行う必要があるのです。その為に、私たちはトラックや倉庫を使っているわけです。

(ちなみに、流通加工や通関と言う業務もあります)

しかし、一口に運送、保管を行うと言っても、

それを具体的にどう採算が合う形で実現するのか、

という問題が生じます。

トラックは自社の物を使うのか、他社にお願いするのか、

どんなトラックをいつ手配するのか。

倉庫は自社保有か、他社保有の倉庫を間借りして

業務を行うのか、などなど、様々な選択肢があり得ます。

またもっと言えば、扱う物とお客様の業態によって考慮しなくてはならない

事柄はうんとかわってきます。例えば食品を扱う場合は、ロットと呼ばれる商品の生産単位や、

温度管理品かそうでないか、繁忙期と閑散期の需要の変動をどうこなすかなど

考慮しなくてはならない事が山ほどあります。

端から見ていると、倉庫に積まれた荷物は皆同じように段ボールに入って見えますが、

中身は具体的な「モノ」ですので、物の種類の数だけどう運んで保管すればいいか、

という注意点がある訳です。

さらには、先ほど申し上げた通り、私たちは、保管効率と輸送効率と言う二つの事柄を考えなくてはなりません。

大雑把に言ってどうトラックや倉庫に詰め込むべきか、と言う事です。

これはさらに大雑把に言うと容積と重量のバランスをどう取るかと言う話になります。

そこに加えて、物流の品質、という要素も問われます。

これは、本来あってはならない事ですが、荷物の破損や誤着をどう減らすかと言う話です。

さらには、どう要領よく保管場所から取り出してトラックに積み込むか、

と言う問題もあります。

おのおの物流業者は、そういった専門的な要求を満たす為に独特の技術を持っています。

そういった技術は具体的にどんなものかと言えば、事務も含めた現場の個々人が持っている技能や、

お客様の受注データを業務フローの中で出荷指示に振替える為の情報システムなどがそれに当たります。

従って、トラック、倉庫、フォークリフト

だけが物流業者の道具ではない訳です。

このように、有形、無形の財産を用いて、

日々出されるオーダーに対処している訳です。

以上が、私が未熟者ながら物流業について知っていることがらをまとめたものです。

就職活動は、どう情報を集めるか、

ということが大事だと言われています。

弊社の説明会でも、現場の見学が出来ますので、

ご参加の折にはぜひ疑問に思った事を全て口に出して、

担当者を質問攻めにしてあげてください。

自分がその場に立って、見て、聞いて、感じた事が、結果的には、

一番正しいと思います。

どのような会社に就職されるにしろ、

皆様にとってそれが良い就職になる事を願っております。

ちなみに、弊社では、

ロジスタ

というインターネットで物流の

基礎を学べるサイトに協賛しております。

 

弊社社長も講師として出演しておりますので、興味を持った方はぜひご覧ください。

新卒採用のページはこちら>>>

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ