« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月26日 (木)

急激な変化

こんにちは、江川営業所の淀澤です。

もう夏も終わり、気温も落ちてきましたね。

今回は私の就職活動中の体験を少しお話します。

私は就職活動が始まってから、いろいろな説明会に多数参加しました。

多くの説明会に参加することで参加した会社の特色などはホームページで調べたりするよりも詳しくわかることができました。

ですが、急激に複数の説明会に参加しすぎ、体調を崩してしまうこともありました。

自己管理が出来てなかった情けない話です。

私はそのような体験があるので、現在就職活動中の皆さん、体調には十分注意してください。

特に今は冷え込みが激しくなってきました。風邪などを引かないように頑張っていきましょう。

2013年9月20日 (金)

こんにちは。葛西流通センターの西垣です。

今まで3回ほどブログを書きましたが、実は私はブログなんて今まで書いたことありませんでした。たかがブログですが読み手に読みやすく、わかりやすく伝える文章を書くのは大変なので、ブログも書く練習になっています。

そんな私は1時間ぐらいかけてブログを書いています。こんな短いブログなのに1時間かけていることは相当文章を書く能力が低いんだとバレちゃいますね。

川崎陸送に入社してから文章を書く頻度は増えました。読書感想文・新入社員研修期間の毎日のレポート・そしてブログ。書くのは大変です。

自分の書く文章が分かりにくく嫌になることも多いです。

しかし、最近は何故か文章を書くのが楽しくなってきました。

おそらく自分が考えたこと、思ったことを読みやすい文章で正確に伝えることができるようになってきたことが理由だと思います。

偉そうに書きましたが、私はもともと文章を書くのは下手だった為、やっと人並になれたのかもしれません。なので、ここからがんばりどころだと思っています。

新卒採用のページはこちら>>>

2013年9月17日 (火)

7年後はどこで何をしているのだろう・・・

関東営業所のTです。

いまさらですが、東京で2020年夏季オリンピックが開催されることが決まりました。
東京モンの私としては大変うれしい限りです。
しかしながら、かならずしも、経済効果はそれほど期待できないというようなお話もあるようです。
ここは、個人的には、ハードパワーに期待するのを止めて、いっそのこと
ソフトパワーにかけるのはどうでしょうか、
オリンピック開会式の演出に、「パシフィック・リム」のギレルモ=デル・トロ監督や、
海外からも評価が高い「AKIRA」の大友克洋監督など、
など、錚々(そうそう)たる面々を起用し、開会式閉会式だけに数百億単位で資金を投下し、盛大な打ち上げ花火を
打ち上げてほしいものです。
しかし、そんなことをしたら東京が謎の巨大怪獣や新型爆弾で崩壊してしまいかねません(?)
ともあれ、街中や職場で、「7年後は何をしているんだろう?」と将来を率直に楽しみにする声が聞こえるようになったのは喜ばしいことだと思います。
私も7年後自分がどんな仕事を任されているかなどということは、予想もつかない事です。
急に大きく出るようですが、近未来を予測する事は長らく人類の夢でした。
そのために、さまざまな手法が開発されました。
人類全体の夢とはいかなくても、例えば職場で、
この数字がもっと正確に予想できれば、こんな風にしんどい思いをしなくて済むのに、
というようなことは、ままあると思います。
やや強引なまとめ方ですが、
私が現在取り組んでいる、物流センターのシミュレーターを構築するという作業も、
大きく見るとそういう意味があるのではないかと思います。
新卒採用のページはこちら>>> 

2013年9月 9日 (月)

SDP

こんばんは!武蔵村山の杉浦です。
早いもので9月に突入し、8月の暑さもだいぶ和らいできました。

そんな中、先日SDP研修に参加してきました。
SDPとは当社で行われている「Saturday Program」のことで、いわゆる社内研修の一つです。
毎回社員からの「こんな研修をやってほしい」という声に合わせてテーマが選定され、定期的に開催されます。
参加者は公募制で、テーマを見て参加したいと思った人たちが集まり、研修を行うというシステムです。

今回は通常とは少し異なり、20代研修ということで、20代の社員に向けた研修でした。
テーマは「運送原価から見た数字の見方」!
具体的には、運送原価を構成する運送費、人件費、燃料油脂費等の算出の仕方、またその算出した数字をどのように捉えて評価するかという見方を学びました。

これまで、桁の多い複雑な(?)計算をしたことがない私にとって、難しく途中で頭が痛くなりました(笑)

しかし、このように業務の基本を学べる機会があることはとても有難いことです。
各営業所にいる先輩社員の方ともお会いでき、新鮮な一日となりました。
研修で学んだことを実際の業務に役立てていけるように頑張りたいと思います


新卒採用のページはこちら>>>

2013年9月 6日 (金)

一日、一日を大切に。

おはようございます。本社配車センターの成塚です。

いつの間にか夏が終わりに近づいていることに驚いているヒロシです。

気づくと社会人になってから5か月もたっていることに驚きました。同時に一日の短さを痛感しています。大学生の時には一日が長く、遊んでいてもまだ時間があるから次に行こうと誘って日をまたいででも遊んでいましたが、社会人になってからはそのようなことはしていません。短いながら、自分の時間を持つことにしていますが今まで自分が挑戦していない何かをしたいということで、もう少し考えて自分の時間を増やしたいと思います。1

一日、24時間という限られた時間の中で仕事・趣味・睡眠時間・食事といった行為を考えると短く感じてしまいます。もう少し、一日の時間がのびればいいのにと思いましたが、例え24時間が25,6時間になってもあまり変わらずに、同じように時間が足りないと考えるだろうなとどうでもいいことを考えてしまった、寝苦しい夏の夜でした。0

タイトルにあるように、プライベートの個人目標にしている。一日を大切にですが、今のところあまり大切にできていません。ちょうど半分になろうとしている、今自分を見つめ直そうと思っています。9

新卒採用のページはこちら>>> 

2013年9月 2日 (月)

努力することの大切さ

  こんにちは。業務部の王です。

  今年の「24時間テレビ 愛は地球を救う」を最後まで見ました。

4344

  日本全国に元気、笑顔、勇気を届けたい芸能人の大島さんが体重88キロからの挑戦、88キロのマラソンを完走するために、3ヵ月で16.5キロを減らしました。周りの人の支持と自分の強靭な意志で、足が痛くても最後まで諦めず、ゴールまで完走しました。自分も大島さんと同じように、どんな困難あっても、あきらめず最後まで頑張りたいと思いました。

 マラソンと同時に、他のいろいろな感動な内容がありました。例えば、ニッポンって何ですか?ニッポンって笑顔の多い国という返事が多かったです。

 また大野さん主演の「今日の日はさようなら」は本当に涙が止まらないほど感動しました。ちゃんと生きることと死ぬということ、家族の大切さなど改めて感じました。一日一日を大事にして、楽しんで行きたいと思いました。

  その他、体の不自由の少年が相葉さんのサポートでウオーターボーイズに挑戦、桜井さんは震災地の子供たちと一緒に卒業式の日に歌えなかった卒業の合唱「今日新たなる旅たちの歌」、松本さんと耳の不自由な子供たち、心を一つに刻むタップダンス、二宮さんの日本歴史の調査など、本当に感動が止まらずたくさんの勇気をもらう番組でした。

  東日本大震災からの復興、経済などの問題が山積みしている日本、日本人は日本人としての価値観を見直さなければならない時代が来ています。私も日本での仕事と生活の中でもっと頑張らなければならないと思いました。みなさんも一緒に頑張りましょう。

 

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ